漢方その1


当院では煎じ薬を治療に使用しています。
漢方薬には煎じ薬、丸薬、塗り薬、エキス剤、とありますが。煎じ薬が最も効果があります。
エキス剤とはたとえばツムラ1番などのように、病院に行ったときによくもらったりする
銀色のパックにはいったものです。手軽に飲めるのですが効かないことが多いように思います。
たとえばコーヒーを豆から抽出して飲むのとインスタントのコーヒーでは味、風味、効能は
別物であるのと同様です。
それから エキス剤は応用が利かないといった欠点もあります。
製品化されているため、この成分がこの患者さんに副作用を出しそうだから抜きたいと思っても出来ない。
この成分だけを加えたい すなわち、さじ加減が効かない。といったことがあります。
さらに、こちら側の話としてエキス剤を使っていると生薬単味のことを知らなくなってしまい、
メガネがくもるといったことがあると思います。
煎じ薬は、どういう薬がどのような処方で出来ているかを一剤ごとに合わせて手作りするわけですから、
単味についての味、知識、性質、効能 それらを知らないと薬が作れないのだと思います。
つまり、生薬の研究をすればするほど効く薬を作ることが出来るようになります。
その2につづく
はじめに戻る