クサバ歯科では予防に力をいれてます

虫歯予防の真実はこれだ!
細管
虫歯の仕組み 
虫歯の原因となるのは、ミュータンス菌など、口の中に住む細菌です。細菌は糖分を
食べて「酸」を生み出します。この酸が歯を溶かしてしまうため、歯に穴があきます。
だから当然、“表面から少しずつ”穴ができる……というのがこれまでのイメージでした。
しかし、それが誤解だったのです。
歯の表面のエナメル質は、小さな“柱”が集まった構造をしています。この柱と柱の
スキマから酸がしみこみ、中が先に溶けていくのです。こうしてまず内部にスカスカ
状態の部分が広がり、その後、何かのきっかけで表面が崩れ落ちて、いわゆる
「虫歯の穴」ができます。わたしたちが食事をするたびに、細菌が酸を出し、
歯の中が溶けていきます。だから「隠れ虫歯」は誰にでもあるのですが、表面下に
できているため気づかなかったのです。
しかし、表面が崩落する前の「隠れ虫歯」は、治すことができます。
その方法とは?

唾液の底力はすごいぞ 隠れ虫歯を治したのは「だ液」のパワーです。 カルシウムが溶け出してしまった歯に、「だ液」がカルシウムを供給して元に戻すのです。 この現象は「再石灰化」と呼ばれています。「だ液」は毎日、隠れ虫歯にカルシウムを 与えて歯を治しています。ただ、だ液が治せるのは、あくまでも「隠れ虫歯」の段階です。 いったん表面が崩れて穴になってしまった虫歯は、だ液の力で進行を止めることは可能ですが、 元どおりにはなりません。 オレンジジュースを使って、口の中の酸性・アルカリ性の状態を調べてみました。ジュースを 飲んだ直後、口の中全体が酸性(pH5.5以下)になり、このままではどんどん歯が溶けてしまう という状態になりました。実は、酸性になった口の中を中性に戻すのも「だ液」の役割です。 だ液には酸を中和する成分もあるからです。食後にシュガーレスガムを噛(か)むとよいと いわれるのも、だ液がたくさん出て、口の中全体に行き渡るからです。
大切なことは 食事の後の30分間は、虫歯菌が酸を作り出すため、「歯が溶ける」時間帯です。その後、 だ液が酸を中和して、「歯を治す」時間が始まります。わたしたちは毎日、食事のたびに 歯を溶かし続けています。しかし 同時に「だ液」が歯を治し続けているので、すぐには 虫歯になりませんこのバランスを崩さないよう、「溶ける時間」を短くし、「治る時間」 を長くすることが、本当の虫歯予防なのです。そのためには、次のような対策が効果的です。 一、間食の回数を減らす ちょっとしたおやつや飲み物でも、「溶ける時間」は同じです。             歯にとっては食事の「量」より「回数」が問題です。             食べるならまとめて一度に! 二、夜寝る前に食べたり飲んだりしない            寝ている間は、だ液の量が減るので酸が中和されにくくなります。            よって、寝る前に飲食すると、長い時間歯が溶け続けることになります。            うがいだけでは酸を中和できないので注意! 夜の歯磨きのあと、            飲食してはいけません。 三、毎日歯みがき   歯みがきは、口の中の細菌を減らす行為です。これをしないと            酸が大量に出て「溶ける時間」が延びてしまいます。
砂糖の取りすぎに気をつける

取って良い量 

一日に25グラム(おやつとして)

缶ジュース1本に10%の砂糖が入っています

どれか一つとったらその日はおしまいにしましょう

定期検診が最も効果的です
       効果的な歯みがきのコツ  

   ● 歯と歯茎の境目、歯と歯の間に毛先をあてる。
   ● 毛先が広がらないくらいの弱い圧力であてる。
   ● あてたポイントから毛先がずれないように小さく動かす。
       (ペンを持つようにして手首で動かすようにするとよい)
   ● 歯ブラシを1ヶ所にあてたら10回ぐらい細かく動かす。
   ● 自分の歯と歯ぐきに合った歯ブラシを選ぶ。
   ● 痛くなく、出血もできるだけさせないようにする。
   ● 歯みがきペーストは極力使わない。(使わないのがベスト)
   ● 唾液を飲み込みながらの歯みがきに慣れる。
   ● 洗面所以外の場所で TVをみながら、読書をしながら等の
        「ながら磨き」ができるようにする。
   ● 就寝前最低限10~15分ブラッシングして口の中をきれいに
         してから寝る習慣をつける。(回数は多い程、時間は長いほど良い)  
   ● みがきながら舌でさわってつるつるになるようにまた爪で
         歯と歯茎の境目の所を引っ掻いてプラークがとれているか
     どうか確認しながら進む。
   ● 最後に舌の上を歯ブラシ、舌ブラシでやさしく数回こする。